小田原にある補聴器専門店にご相談ください。オーティコン・フォナック・ワイデックス・シーメンス社の製品取扱店カスタム補聴器

よくある質問

  • HOME »
  • よくある質問

よくある質問内容を掲載しています。
このほか、質問事項がありましたらお気軽にお問い合わせください。

質問1 親に補聴器を勧めたいが「私は聴こえるからいらない」と拒否されそうで言い出しにくい。このような場合、どうしたらいいでしょうか?
補聴器に対して拒否的な印象をもっていたり、人の意見に左右されたり、まだ本人が必要と感じていなかったりとさまざまな理由があります。
突然、聴こえなくなった場合でしたら誰でもすぐに気づきますが、ほとんどの難聴は徐々に聴こえにくくなってきますので、周りの人は「聴こえが悪いな」と思っても案外ご自分では気づかないものです。
無理やり補聴器を勧めても、拒否感が強ければ使ってくれません。
「補聴器を購入するのではなく相談に行ってみよう。テレビの音も大きいし、聴き違いが時々あるし、聴力測定して自分の聴こえの程度を調べてもらった方がいいと思うよ」とお話ししてみてはいかがでしょうか。
253847
質問2 補聴器は「両耳装用おすすめ」と書いているが、片耳装用でもよいのでしょうか?
左右の聴力と言葉の明瞭度によりますが、多くに方は両耳に装用した方が良い結果が得られます。ご予算や外見上の理由で当初は片耳装用で使い、早い時期に両耳装用されることをお勧めいたします。
その方が安全面や聴こえ方、特に言葉の明瞭さが悪化するのを遅くすると言われております。
質問3 「認定補聴器技能者」「医療機器販売管理者」とはなんですか?
(財)テクノエイド協会は(社)日本耳鼻咽喉科学会、日本聴覚医学会が後援しています。
「認定補聴器技能者」の資格を取得するには、補聴器の基礎教育やさまざまな講習会、耳に関する医学的知識の理解、さらに耳鼻咽喉科専門医の指導を受けならが、補聴器の販売(相談・調整・修理)に5年間従事した実績と、お客様の調整記録を行うなど十分なアフターケアができることが必須条件です。
こうした実務経験をつんだ後、試験に合格して初めて取得できる資格だからこそ、より専門的知識及び熟練技能を持ったスタッフとなり、お客様に最適な補聴器の提供ができるのです。
304020
質問4 認定補聴器専門店とはなんですか?
認定補聴器専門店は、「認定補聴器技能者」の資格を有するスタッフが在籍している、補聴器販売店です。
質問5 どんな機器・設備が整っていればいいの?
聴力測定室・オージメータ(聴力測定器)・補聴器特性装置・ビデオオトスコープ・ 補聴器クリーニング装置(吸引・減圧・乾燥など)・双眼実体顕微鏡・フィッティング用パソコンなど。
PAGETOP
Copyright © 日本カスタム・カスタム補聴器 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.